掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 七日間の身代金


七日間の身代金
岡嶋二人七日間の身代金 (徳間文庫,1990年) [実業之日本社,1986年]
ISBN4-06-263824-X/4-19-568971-6

誘拐に始まり、無心の小島を舞台にした「密室殺人」の物語です。中心はトリックの謎解きになってきますが、この作者と独特の、いつのまにか世界が裏返っていくような逆転によって真の人間関係が露になっていくわけです。

知的には面白いんだけど、軽いなあ、もうすこしソースをかけて欲しいなあという感じですね。やはり、二人組だとロジックは組めても、あまりどろどろした情念の世界は作りにくかったんだろうという気もします。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-2000 くしまひろし