掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 死国


死国
坂東眞砂子死国 (角川文庫,1996年) [マガジンハウス,1993年]
ISBN4-04-193202-5

遍路を素材にした伝奇物です。四国八十八ヵ所を、死者の歳の数だけ逆回りに回ると、死者が生き返るという言い伝えをベースに、死者の怨念が現実世界に漏れ出てくるという奇妙な物語です。

僕はそのストーリーよりも、描かれている高知の風景にひたってしまいました。「よう、おいでて」とか「飲んだやき」とかいう高知弁の響きに、またもや遍路への郷愁がよみがえってきます。

本を買ったときは知りませんでしたが、最近の広告を見ると99年1月に映画が公開されるようです。どのように映像化されるのかといったSFX的な興味はあります。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-1999 くしまひろし