掬水の果て読書日記書名索引著者索引メール

掬水の果て > 読書日記 > 仄暗い水の底から


仄暗い水の底から
鈴木光司仄暗い水の底から (角川ホラー文庫,1997年) [角川書店,1996年]
ISBN4-04-188002-5/4-04-872937-3

先月、この作家の『リング』、『らせん』、『ループ』の3部作を読んだので、他の作品も…と思って買ってみました。ところが、カバーや帯からは分からなかったのですが、本書は僕が期待した長編ではなく、実質的には短編集でした。

個々の作品は、ブラックユーモアないしホラー的なひねりのきいたもので、上質の短編集、例えば阿刀田高の作品を読んでいるような食感が得られます。

別々に発表された作品を単行本とするにあたって、プロローグとエピローグをつけ、掲記のような標題をつけてまとめていますが、全体を通したテーマのようなものは感じられず、これは必ずしも成功しているとはいえないと思います。

〔広 告〕
この本を買う→
 

Amazon

Amazon
[読書日記] 目次に戻る (C)1996-1998 くしまひろし